May 31, 2016

【皆さんに大切なお知らせとお詫び。】

長文ですがお読み頂けると幸いです。
 
この度、本日のぬか床ワークショップ大分宇佐開催を持ちまして、暫くの間、ぬか床ワークショップを延期にさせて頂きます。
 
6,7月に主催するためご準備頂いた皆様、楽しみに参加をお待ち頂いて頂いて皆様、大変申し訳ございません。
 
この度こちらの都合で、開催を延期してしまいましたこと深くお詫び申し上げます。
 
今回の事情について、皆様に正直にお伝えさせて頂きます。
 
原因は、ぬか床ワークショップ開催で1番重要なぬか床の仕入れが出来なくなったこと。
 
仕入先の『魔法の竹ぬか床 もろみ味』の品質の劣化と取引先としての信頼関係が継続することが出来なくなったことです。
 
まず誤解を招かないようにお伝えします。
 
この判断は、簡単に決めた訳ではありません。
 
品質改善は、製品発売当初から進めておりその改善のため製造者の日高さんご夫妻と協力し、ワークショップでの情報共有やぬか床の情報提供を行い品質改善、向上に努めてきました。
 
ちなみに、私たちのワークショップは日高さんご夫妻から何のマージン(お給料など)も貰っておらず、純粋に
 
「このぬか床をみんなに知ってほしい。楽しく使えるようになってほしい。」
 
このような思いでスタートし、活動して参りました。
 
しかし、去年の12月頃からぬか床の発酵不足が続きワークショップ参加者の皆さんにご迷惑をかけてしまうことが何度もありました。
 
本来、熟成ぬか床(野菜がすぐ漬けられる状態)が製品の大前提です。
 
ですが、発酵不足の状態だと楽しみに参加した皆さんが野菜を漬けても美味しく漬からない事態を招いてしまいます。
 
これは、参加者の皆さんに嘘をついてしまうことになります。
 
熟成ぬか床で、すぐに漬けられるはずの商品なのに、除光液のような産膜酵母の匂いがして、美味しくぬか漬けができない。
 
これでは、プロとしてお客様の皆様に提供することが出来ません。
 
この時、この問題を解決するため何度も製造元の現地に足を運び改善策を提案し、品質向上をお願いして参りました。
 
この問題は、難しい問題ではなく出荷する前に日高さんご夫妻にぬか床野菜を漬けて頂き、美味しく漬かるかチェックして出荷する。
 
というごく簡単な作業でクリアできる問題のはずでした。
 
そして私も、日高さんご夫妻が2人で手作りでぬか床を作っていることもあり出来るだけお二人に御負担をかけないように、ぬか床作りや袋詰め作業のお手伝いに行くこともありました。
 
それからは、少し安定してきたのですがまた問題が起きました。
 
再び発酵不足のぬか床の発生。
 
更に、竹パウダーの品質が下がり、パウダー事態が粗い粗悪な物に変わっていました。

(残念ながら日高さんご夫妻からは何の説明もなく変わっておりました。)

(皆さん発売当初の竹パウダーより、粗いパウダーに変わることにより、ぬか炊きなどで直接食べると食感が悪くなるなってしまう。

製造面でのコストダウン。)
 
日高さんご夫妻を信じたかったこともあり、私は暫くは何も言わず、発酵不足の商品をお渡ししてしまった皆さんのぬか床は全て無償交換をさせて頂いておりました。
 
去年から、発酵不足のぬか床などは私たちが全て無償交換させて頂いていたのですが、それはぬか床を広げるきっかけをつくってくれた日高さんご夫妻に感謝の気持ちとぬか床をより良くして欲しいという思いがあったからです。
 
残念ながら、何度も話し合い改善を提案してきたのですがその思いは届かず契約の打ち切りに至りました。
 
日高さんご夫妻にも感謝していますが、私たちが1番感謝している、大事にしているのは、ぬか床ワークショップに参加頂いている皆様です。
 
それを考えたときに、これ以上、不安定な製品を皆様に提供することはできません。
 
私は、嘘のない正直な仕事がしたくて美容師を引退し、皆様に食、健康、美容の真実を伝えたくて現在の活動を行なっております。
 
自分の気持ちに正直に
関わって頂く皆様に正直に
一緒に活動するメンバーに正直に
 
そのためには、心から良いと思える製品を皆様に提供したい。
 
このような理由から、今回の決断に至りました。
 
ご迷惑をお掛けする皆様、改めて心より深くお詫び申し上げます。
 
ただ、この一歩はより良いぬか床を自分たちで作り、今お待ち頂いている皆さんにお伝えする為の一歩です。
 
今、ぬか床をご愛用頂いている皆様。
私のワークショップでお伝えしてきた内容は、日高さんのぬか床の足りない部分を補う管理方法や工夫をお伝えしてきました。なので、安心して今後もお使いください。引き続きアフターフォローも行います。
 
私がワークショップで、
 
『このぬか床は赤ちゃんですよー。』
 
とお伝えしていたのは、この経緯もあるからです。決してダメなぬか床ではないのです。
 
ただ、赤ちゃんの状態でスタートするよりも、バリバリぬか漬けを作れる大人な状態で皆様に提供したいのです。
 
そうすれば、もっと管理が簡単になるし、美味しいぬか漬けを安定して作れます。
 
ぬか床の説明も簡略化でき、お野菜の漬け方やおすすめお野菜の話もたっぷりできます。
 
皆様暫しお待ちください。
 
現在、自身を持って提供できるぬか床を生産する準備が整いつつあります。
 
約2か月ほどで、ぬか床が完成する予定です。
 
それまでは、ぬか床ワークショップは一時中断し、別の企画を何個か立ち上げ皆様にご案内させて頂きます。
 
皆様今後とも宜しくお願いします。
 
EnjoyLife
末廣 悠記

関連記事

Comment





Comment